節税のことは税理士に相談しよう

節税には様々な方法がありますが、素人が全てを把握するのは難しいものです。何の知識もなく申告すると、払わなくても良い税金まで払っていることもあります。節税のノウハウに長けた税理士に相談し、適切な節税対策を行ってもらうのが良いでしょう。

節税対策を税理士に依頼した場合・依頼しなかった場合を比較

税理士に依頼すると節税できる

法人税は、役員報酬や保険、経費などで節税できる部分が色々あります。税理士に依頼すると、役員報酬をシミュレーションして最も適切な金額を割り出してくれるほか、掛け捨ての保健や経費などで節税対策をとってくれます。

税理士に依頼しないと払いすぎることもある

税理士を雇わずに法人税を支払う場合、会社の経理の職員が申告することになります。しかし、経理の職員は節税対策に長けていないため、節税できることは限られてしまいます。払わなくてよい税金まで払ってしまう可能性があるでしょう。

税理士を頼った方がいい理由

税理士に頼ったほうがいい理由は、税法上の特例を利用して節税対策ができることや、正確な会計帳簿や確定申告書を作成できることです。また、経理業務に時間を割く必要が無くなり、本業に専念できることもあげられるでしょう。

税理士に相談・依頼できること

電卓

決算時の申告書類の作成

事業主にとって、決算時の申告書類の作成は大仕事です。法人税のほか、地方法人税や消費税、法人住民税や法人事業税など、作成すべき書類がたくさんあります。税理士に依頼すると、これらの書類を滞りなく作成してくれ、税務署にスムーズに受け入れてもらえます。

事業に関する税務調査の対応

過去の申告や決算申告などについて税務当局から調査が入った時、どうすれば良いのかわからず戸惑ってしまうものです。税理士に相談すると、税務調査前の準備を滞りなく行ってくれるほか、当日の立会いやその後の折衝、修正申告書の作成をしてもらえるので安心です。

事業の継承や財産評価

事業を継承する時には、税金に関する申請書を作成する必要がありますが、知識がないと作成は難しいものです。税理士に依頼すると、正確な申告書を作成してくれます。また、法人が所有する未公開株式や不動産などの資産の評価を行い、事業継承や組織再編成の際の税金試算も行ってくれます。

法人税の節税方法の他に税理士に頼ると助かることたくさん!

電卓

経営に関するサポートが受けられる

税理士は、節税対策だけでなく、経営に関するサポートも行ってくれます。単年度経営計画書や中期経営計画書を作成して、事業主が将来的なビジョンを持って経営計画を立てるサポートをするほか、タックスプラニングによる利益の適正配分や内部留保を具体化し、企業力を高めるためのサポートも行います。その他にも、経営を安定させるために、財務・信用・経営経常・純粋の4つのリスクを明らかにし、改善のための分析を行ってくれます。

[PR]
税務調査はプロにお任せ!
事務所探しのコツを大特集☆

アポスティーユの申請を対応中

[PR]
港区で好評な税理士事務所!
税金の悩みをプロに相談♪

交通事故の後遺障害手続きを進めよう

江戸川で人気の税理士事務所

大阪の税理士事務所を利用しよう

広告募集中